分散投資は何銘柄までが妥当な数なのか

しげるです。

株式投資を少しでも勉強したり実践したことがある人であれば必ず聞いたことがあるであろう「分散投資」という言葉。

これは、リスクを抑制しながらリターンを確保することが出来る観点から多くの人がをすすめています。

しかし、分散投資は有力なリスク抑制の方法でもありますが、使い方を間違えると努力を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

今回は分散投資の最適な銘柄数について掘り下げていこうと思います。

最もリターンが得られるのは

複数の投資対象があったときに、最大のリターンを得られるのは、当たり前ですが一番リターン予想が高い1銘柄だけに投資することです。これはいわゆる集中投資というやつです。

当たれば大儲け、外れると大負けということですね。

ハイリスクハイリターンですが、この手法でリターンを得ている人も少なからずいます。

しかし、それをできるのは一握りの天才か、確実にリターンを得られると確信が持てる銘柄を知っているか、創業者利益で持ち株を持っているかなど、かなり稀なケースであり、一般人が真似するにはギャンブル性が高すぎてハードルが高いです。

分散投資の基本的な考え方

分散投資の基本的な考え方は、
・予想が外れても、別のものでカバーできるようにしておく
・大きな損失を被る銘柄があっても、ポートフォリオ全体における影響を小さくする

ということです。

予想が外れたとしても、ある程度のリターンを得られるために、次にリターンの高そうなものを入れる。

ベストではないが、1番リターンが高いと思われるものが外れても、2番目が当たってくれれば、そこそこのリターンになる。

こうして、もし予想が外れても、ある程度のリターンを取ることを確保するために投資対象を増やしていく。

これが、分散のそもそもの考え方です。

ウォーレン・バフェットは、分散投資について、次のように言っています。

「分散投資は、自分を自分の無知から守る手段だ。自分が何をしているのか十分理解している人には分散投資は意味がない。」

その一方で、自分が死んだときに妻にその遺産をどうすべきかについて、S&P500のインデックスファンドに投資するように、と伝えると言ったそうです。

即ち、彼のように深くビジネスを理解して投資出来ないなら分散投資をした方が良いということです。

彼の言わんとすることは、分散をする度合いは、その人の知識、投資対象に対する理解との関数であるということです。

即ち、理解度の高い人が、集中投資をするのは正しいが、理解度が低い人の集中投資は単なる博打だということです。

何銘柄に分散投資することが妥当か

分散をすれば、個別部分のリスクは小さくなりますが、リターンも小さくなります。

その一方で、市場要因に起因するリスクもリターンも一定以下には減らすことはできません。

即ち、保有銘柄を増やせば、市場インデックスに近いリスク・リターンになるだけ、ということです。

そもそも、ニューヨーク・ダウ・工業平均30種、NYダウは30銘柄です。

NYダウの動きと500銘柄入っているS&P500と比較してもあまり変わらないところを見れば、30銘柄も入っていれば十分というのは直感的にわかるかと思います。

とすると30銘柄以下で分散すれば良さそうだと思われます。

しかし、しげるは最大でも20銘柄程度に抑えることをおすすめします。

理想は8~16銘柄です。

というのも、例えば30銘柄、40銘柄と増えていくと、管理が煩雑になって適当に売買したり、特定の銘柄やセクターに偏った投資になり、結果的にポートフォリオがぐちゃぐちゃになります。

しかも銘柄数が増えるということは、それだけ少額で購入の機会が多いということに他なりませんので、買えば買うだけ売買手数料で損することになりますから、最適な銘柄数を機械的に買い増していくことをおすすめします。

10銘柄くらいまでは1銘柄増やす毎にリスクは大きく減ります。

当該企業のビジネスを十分理解し、経営陣の能力にも確信を持っており、株価が大きく動いたとしても、あまり気にしないでいられる、というレベルまでその銘柄を理解していれば、それで問題ないでしょう。

業種別、景気循環別にも分散することが重要

分散投資と言っても単純に銘柄を増やせばいいという訳ではありません。

ある特定の一つの業界の10銘柄に分散投資したとしても、その業界が不況になった場合、集中投資と同じリスクを被ることになります。

おすすめは景気循環別に分散する方法です。

景気循環別というのは、回復、好況、後退、不況の4つの景気の循環を示しており、それぞれの景気局面に強いセクターというのがあります。

具体的に言うと
【回復】ハイテク株、金融株
【好況】資本財株、一般消費・サービス株、素材株
【後退】エネルギー株
【不況】生活必需品株、ヘルスケア株、通信株、公益株

となります。

また、この4つの景気循環とセクターを2つに組み分けするとしたら
【回復】&【好況】⇒オフェンス株(攻撃的:成長著しく値動きが大きいグロース株)
【後退】&【不況】⇒ディフェンス株(守備的:あまり値動きはないが安定しているバリュー株)

となります。

近年は、FAAMG株(フェイスブック、アップル、アマゾン、マイクロソフト、グーグルの頭文字)に代表されるハイテク株が人気で値上りをしています。

2020年に入ってこの5社だけで時価総額560兆円となっており、東証一部上場企業の時価総額550兆円を超えているという恐ろしい銘柄です。

しかし、いつまでもその循環が続く訳もなく、時代は常に移ろいます。

そのときに特定の景気循環とセクターに偏った銘柄を選定すると必ずポートフォリオが悲惨なことになります。

このFAAMGに代表されるハイテク株が今は時代の寵児のようにもてはやされ、これに投資していないとイケてないと思われがちですが、仮にこれらの株しか保有しておらず、これらハイテク株が暴落した場合、あなたのポートフォリオは確実に崩壊します。

ポートフォリオの組み方まとめ

具体的にポートフォリオを組む際には、8~16銘柄に最終的にはするとして、当初はインデックス・ファンドも投資対象に入れておくというのも一つの方法です。

最初にインデックス・ファンドを入れ、業種別、景気循環別の個別銘柄を順次入れて積み上げていく。

この方法だと、リスクを不必要に取らず、自分の理解度のレベルに合わせて、集中度を高めていけます。

数学的に最適な銘柄数が導き出せる訳ではありません。

自分が理解できている範囲、フォローできる範囲、市場と異なる大きな動きにどれだけ耐えられるかのストレス耐性、別名リスク許容度、などによって決められるものです。

自分が、適度な緊張感を持って十分にリサーチの出来るほど良いと感じるレベルが最適なところです。

それでは。

よろしければ応援クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングの「金融・保険業部門」で1位です!いつも応援ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
茂(しげる)

茂(しげる)

1980年代生まれの30代サラリーマン。 普段は部下を率いて会社で真面目に働いてます。 でも隙あらばブログ記事書いてます。 米国株式投資、住宅取得、家計、ブログ運営を通じた資産形成について発信しています。 目標は金融資産1億円で、配当をはじめとした不労所得で生活することです。