積立投資をおすすめする理由は、誰でも老後2,000万円問題を解決できるから

しげるです。

金融庁の報告書で波紋を呼んだ老後2000万円問題ですが、積立投資をすることで誰でも解決できます。

老後2,000万円問題とは

「公的年金だけでは老後の資金が2,000万円足りませんよ」という報告書が金融庁の金融審議会から出たことで端を発した問題です。

この報告書によると、
高齢の年金受給世帯(夫65歳、妻60歳)の一か月の平均収支は、収入20.9万円、支出26.4万円となることから、毎月5.5万円が不足しており、95歳までの30年間で公的年金の他に約2,000万円が必要になるとのこと。

要約すると、
「もう公的年金は崩壊してるよ。だから国が老後の面倒全部見るなんて無理だから、貯蓄なり投資をして足りない2,000万円分は自分で補ってね」
ということです。

麻生財務相がこの金融庁の報告書の受け取りを拒否して話題になりました。

政府は国民からの批判を恐れてこの報告書を無かったことにしたかったようですが、大部分の人がこの2,000万円という数字に衝撃を受けました。

老後までに2,000万円は途方もない数字?

2,000万円という数字はあくまで平均なので今後公的年金が減らされることも考えると、老後2,000万円以上足りなくなることも十分考えられます。

「老後に夢の世界一周旅行だ!」
「趣味を謳歌しながら悠々自適に生活するぞ!」
と考え、老後も現役時代と同程度の支出を続けるならば不足額はもっと大きくなってしまいます。

これを打破するには、
・貯蓄を積み立てる
・老後の生活レベルを下げる
・相続をする
・宝くじに当選する
・資産形成および資産運用をする

ということが考えられます。

【貯蓄】
仮に現在30歳で65歳まで平均毎月5万円の貯蓄をしていった場合、2100万円となり老後2000万円問題の額はクリアできますが、子供の有無や、持ち家の有無、予測できない出費等、人生には何があるかわかりませんので、少し不安なところです。

【老後の生活レベルを下げる】
公的年金の収入額よりも支出レベルを下げれば公的年金だけで生きていけるという考えです。しかし、毎月の支出を現役時代の5割以下にする必要がありますし、医療費や介護などの費用もかさむことが考えられます。
そしてなにより、老後に我慢してカツカツの生活をする未来を送りたいですか?って話です。しげるは嫌です。

【相続をする】
親がお金持ちならラッキーな人です。相続税を払って年金給付額の維持の一翼を担ってください。しげるの親は一般家庭なので相続できる大きな資産はおそらくないので考える余地はないです。

【宝くじにあたる】
その幸運を1ミリでも分けてもらいたいです。

【資産形成・資産運用をする】
はい、これが正解ですね。

毎月3万円の積立運用で35年後に2,224万円の資産になる

30歳から毎月3万円を投資信託や米国株で積み立てて、3%の利回りが期待できる場合、65歳で2,224万円の資産が出来上がります。
仮に5万円を積立投資した場合は3,708万円です。

米株価の過去100年の実質利回りは6.8%(インフレ調整後)ですから、仮に今後も同程度の利回りだとすると、3万円の積立投資で5,153万円、5万円の積立投資で8,588万円になります。

こうみると、老後2,000万円問題なんて、取るに足らない数字のように思えますね。

積立額が大きければ大きいほど、後半にかけての資産の上昇カーブが鋭角になっていくことや、利息額が元本の数倍になっていくことが分かります。

積立×複利×米優良連続増配株 又は S&P500=老後も安心

ということです。

貯蓄しかしない人は思考停止している人

上記は楽観的なシナリオかと思われるかもしれませんが、株式の利回りが貯蓄や債券や金をはるかに上回っていることは歴史上厳然たる事実なので、今後もこの傾向は変わらない公算が大きいです。

しかし、注意しなければいけないのは、ある期間で区切ってみたときには株式の利回りが債券などを下回ることもありうるということです。

こうした一部の期間だけを切り取って、
「ほら!株式投資は危険だ!」
「堅実に貯蓄だけをしたほうがいいんだ!」
という人がいますが、それならそれで止めません。

しかし、インフレリスクを考えたときに仮に物価が現在の1.5倍になると、現金の資産価値は33%目減りします。

これは老後に現金だけで2,000万円保有していたとしても、1,330万円の価値しかないわけです。

これを考えると貯蓄だけをせっせと頑張るよりも、インフレ調整後の期待利回りが6.8%もある米国優良株やS&P500に積立投資したほうがはるかに合理的に思えます。



いずれにせよ、公的年金だけだと老後に2,000万円足りないというのは周知の事実になりました。
では、あなたが次に起こすべきアクションは何か。

政府を批判すること?
未来を嘆くこと?
ひたすら貯蓄だけをすることを誓うこと?

違いますね。

資産形成と資産運用で「自分年金」を作ることです。

そのためには積立投資で金のなる木を作ることが最も効果的なんです。
年金のようにコツコツと毎月少額でも積み立てて運用していけば確実に大きな成果になることが約束されています。

逆に、速攻で資産を築きたいあまり、手持ち資金の大半を投資に突っ込むのはやめましょうね。
リスク分散がまったくできておらず、投機になります。

是非しげると一緒に頑張っていきましょう。

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援クリックお願いします!

The following two tabs change content below.
茂(しげる)

茂(しげる)

1980年代生まれの30代サラリーマン。 普段は部下を率いて会社で真面目に働いてます。 でも隙あらばブログ記事書いてます。 米国株式投資、住宅取得、家計、ブログ運営を通じた資産形成について発信しています。 目標は金融資産1億円で、配当をはじめとした不労所得で生活することです。